オフィス家具の選び方・オフィスレイアウトで業務効率アップ

オフィスに関わることで業務効率アップする方法をアドバイスいたします。
デスクやチェアー選び、会議テーブルの大きさやレイアウトを工夫するだけでストレスがなくなります。

自分に合う理想のデスク・イスの高さとは!?人間工学に基づいた選び方。

  • デスクとイス選びの画像

  一般的なデスクは概ね床から70cm・72cmの高さになっています。これはJIS規格で定められた平均的な成人男性にフィットしやすい高さだそうです。
しかし、弊社の調べでは身長が171cmまでの方は、パソコン作業をするのにデスク高70cmは高すぎるようです。
デスクが高すぎると、肩を持ち上げるような状態でタイピングすることになり、肩や首周辺に疲労が溜まりやすくなります。特にデスクワーカーの女性や小柄な男性の中には自覚がある方も多いのではないでしょうか?

  イスは深く座った状態でも足が浮かない座面高が良いと言われています。
足が床から浮いてしまう場合は、太ももが足の重さで座面に押し付けられてしまい血行を悪くしてしまい、長時間座って作業をすると足がむくむ原因となります。

人間工学では、理想の高さの計算式があります。
・イスの高さ:身長×0.25-1
・デスクの高さ:身長×0.25-1+身長×0.183-1
※パソコン作業時は約3cm低い方がよい
・差尺の高さ:座高(身長×0.55)÷3+2

例えば、日本人の平均身長が男性で171cm、女性で158cmなので、こちらの計算式をあてはめてみると
【男性 171cmの場合】
イスの座面高:41.75cm
デスクの高さ:72.04cm ※パソコン作業時は、左記よりマイナス3cmが理想
差尺の高さ:33.35cm
【女性 158cmの場合】
イスの座面高:38.5cm
デスクの高さ:66.41cm ※パソコン作業時は、左記よりマイナス3cmが理想
差尺の高さ:30.96cm

  イスにおいて使用するデスクの高さはかなり重要で、適切なイスの座面高を選択しなければ長時間のデスクワークで疲労が溜まりやすくなります。一般的に理想と言われるのはイスに座って背筋を伸ばした状態でテーブルに腕を置き、手首から肘の角度が地面に対して水平になる姿勢です。

  しかし、理想の高さがわかったところで合う商品があるかが問題です。
イスは上下昇降するものが多く調整が可能ですが、デスクは市販品の高さが70cmか72cmが一般的です。
身長の低い方はイスで調整し、地面に足が届かない場合は足置き台を置いて調整する。
身長の高い方はデスクの足元に下駄をはかせるなどの工夫をして理想の高さを追い求めてはいかがでしょうか?

追伸
ご予算に余裕があり、理想を追求される方は上下昇降するデスクの取扱いががありますので、まずは弊社に御相談下さい。
お問い合わせはこちら(2020.10.1コラム)

オフィス内の色や雰囲気を変えるだけで?!

  • オフィス空間の画像

弊社はオフィス向け家具什器の販売をメインとする会社ですが、建築や内装工事に携わる事も多数ございます。
オフィス家具の入れ替えやオフィス什器の新規導入を検討されているお客様からのご依頼を詳しくお聞きすると、「雰囲気を変えたい」事もご要望の一つだったりします。
話は変わりますが、私は休日の朝早くにランニングをする事があり、疲れるけど気持ちが良い。
それは体感的な事もあるけど、五感的に視覚や嗅覚も無意識に反応しているのでは?と思います。
色彩心理学的に人は無意識に色んな事を感じ、人それぞれに感じ方も違ったりします。

内装工事を終えた後、「お客様の性格的な部分が、心なしか穏やかになったなぁ」と思う事もあり、色や雰囲気を変えるだけで、人に与える意識とは凄く奥が深いと感じる事があります。
オフィス内の色や雰囲気を変えるだけで?!と思うかもしれませんが、無意識な部分に投資する価値、実に面白いと思いませんか?
オフィス空間の改善は、業務効率や生産性が向上することや、オフィス内のウイルス感染防止だけではなく、人の心を前に向けるといった、働く人が支えているこの社会にとって、最も価値のある社会貢献につながることだと思います。(2020.9.1コラム)

オフィスデスクの快適なサイズとは?

  • コロナウイルス対策の画像

デスクにおける「サイズ」とは、幅(W)・奥行(D)・高さ(H)の3辺を指します。 デザインが優れていたとしても、サイズに不都合があれば使い勝手が不便だったり、設置スペースが足りないという場合も考えられます。用途に合ったサイズを選びオフィスに適したデスクのサイズを考えましょう。下記サイズ表をご参考にしてください。

●幅(W)について
1500mm(150cm)~
非常に大きなサイズのデスクです。デスクトップパソコンのほか、必要なビジネスアイテムをすべて卓上に広げて作業ができる余裕があります。

1400mm(140cm)
通常よりやや大きめのサイズです。
デスクトップパソコンを置き、図面やファイルをゆったり広げられるスペースがあります。

1200mm(120cm) ※標準サイズ
スタンダードで人気のサイズです。デスクトップパソコンと電話を置き、書類を広げて作業ができる大きさです。

1000mm(100cm)
コンパクトなサイズです。ノートパソコンでの作業など作業スペースが狭くていい方には省スペースに設置できるのでオススメです。

●奥行(D)について
800mm(80cm)
パソコンがブラウン管モニタ(CRTモニタ)の時代に主流だった奥行きサイズです。
奥行きがあるためコンパクトさには欠けますが、本や書類などを卓上で保管できるスペースの余裕があります。

700mm(70cm) ※標準サイズ
現在のスタンダードなサイズです。パソコンを置いてもゆとりがあり、パソコンの操作と並行して書類仕事を行うことも可能です。

600mm(60cm)
省スペースを求める方におすすめのサイズです。「どこでも手が届く」というコンパクトならではの良さがあります。

●高さ(H)について
740mm(74cm)
海外でデザインされたデスクによくある高さです。少し高いと感じる方もいらっしゃいます。

720mm(72cm) ※標準サイズ
現在、一般社団法人日本オフィス家具協会(JOIFA)によって推奨されている高さです。

700mm(70cm)
JIS規格で定められた最もメジャーなサイズです。

このように、オフィスデスクには様々なサイズが存在していますが、アジャスターなどのオプションを付けることで、高さを調整することが可能なデスクもあります。使用する方に合わせて調整できるデスクは快適なオフィス作りに必要な要素となるでしょう。

デスクサイズ選びの相談はお気軽に問い合わせください。(2020.8.1コラム)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策【オフィス空間改善】

  • コロナウイルス対策の画像

新型コロナウイルスによりオフィス内のレイアウトや働き方を大きく変えていく必要がでてきました。オフィス内でのソーシャルディスタンスは2mの確保(最低1m)とされていますが、日本の企業で最も多い島型レイアウトのオフィス空間だとどう改善する必要があるのか?

島型レイアウトの場合
一般的な机のサイズ (幅1200mm×奥行700mm)だと横の人との間隔は約1.2m、向かいの人との距離は約1.5mとなりますが、オフィススペースの問題もあり、大規模なレイアウト変更は難しいのが現実です。

この島型レイアウトや食堂、会議室などのオフィス空間を可能な限り改善する場合は、テレワークも継続しながらオフィス内の密を極力避け、左右、向かいのデスクを使用しない方法で各人の身体的距離を2mあける方法や当社でデザインから作成まで行っている『飛沫感染防止アクリルパーテーション』の使用など、工夫しながら、ウイルス感染から社員を守る対策が必要です。

オフィス空間の改善相談はお気軽に問い合わせください。(2020.7.1コラム)

  • ウイルス対策商品の画像

ロー?ハイ?パーテーション選びのポイントとは

  • パーテーションの画像

ローパーテーションは、比較的設置や移動、撤去が容易であるために、レイアウト変更などにも対応しやすいのが特徴です。表面素材もクロスを貼り付けたものが多く、色の選択肢が多いことからオフィスの雰囲気を変える効果もあります。

また、パネルの高さを変えることで、座っている時は視線を隠し、立った時には視線が交わるといった使い分けを行うことで集中できる職場環境とコミュニケーションが取りやすい環境を両立することができます。ただし、部屋を完全に区切る訳ではないので、遮音性が低く、守秘性の高い会話や打ち合わせなどには向いていないというデメリットがあります。

パーテーションの高さは製品によって様々です。遮音性を重視するのであれば、天井まで届く高さのもの(施工型)を選びましょう。会話が外に漏れることなく、安心して会議や打ち合わせを行うことができます。
しかし、天井まであるパーテーションは、オフィスに圧迫感を与えてしまうことがあります。遮音性を重視しないのであれば、人の背丈程度(180cm前後)の高さのものを選ぶと良いでしょう。視界を遮りつつも、オフィス内の風の流れを遮らないので、空調を新たに設置する必要がありません。

それぞれのパーテーションの特徴を理解して、バランスを考えて適切なものを選びましょう。
パーテーション選びでお困りのことがあればお気軽にお問い合わせください。(2020.6.4コラム)

座って仕事をするのはもう時代遅れ?昇降式デスクとは?

  • 昇降式デスクの画像

一般的な企業では、デスクに座って仕事をするのがスタンダードです。
そんなオフィスで1日中座って仕事をしていると、首や肩のこり、疲れやすいなどの体の不調を感じる方は多いのではないでしょうか?

数年前から『立って仕事をする』ということが仕事の効率化に繋がるということが世間に浸透しつつあります。

そんな新しい働き方の中で生まれた昇降式デスクについて紹介したいと思います。

昇降式デスクとは、デスクの天板を自由に上下昇降することができて使う人の最適な高さで仕事をすることが可能になります。

立ったままということではなく、自由に座ったり立ったり仕事をすることができます。
そうすることによって、仕事にメリハリがつき眠気防止にも繋がります。
さらに、デスクに両肘を置いて正しい姿勢で作業ができるため首や肩、腰などの負担も軽減されます。
こういったメリットを考えると、特にデスクワーク時間が長い方にオススメしたいです!

立ち姿勢での仕事が辛い方には残念ながら向かないでしょう。
また天板が上下昇降するので、パソコン本体に繋がっているケーブルの長さに注意しなくてはいけません。

メリット、デメリットさまざまありますが、健康的なデスクワークが仕事の効率化に結びつくでしょう。
常識だったイスに座って仕事をするスタイルが、新たな働き方にシフトしつつあるのかもしれません。(2020.5.7コラム)

オフィスレイアウトの図面作成は有料?無料?

  • オフィスレイアウト図面の画像

移転時の「オフィスレイアウト図」や「現状オフィスのレイアウト変更図」を無料にて承ります。

オフィス移転やレイアウト変更は既存什器、引取りする什器の選別、又、間仕切りの解組移設の可否など新旧レイアウトを比較しながら計画、検討をする必要がある為、現状のオフィス環境の把握が重要となります。

光スチール家具では空間コーディネーターによる既存オフィスの現場実測から既存什器の確認、設備調査のもとレイアウトを作成し、現状の問題点と理想のオフィス環境の提案をご提供いたします。(2020.4.13コラム)

収納庫の転倒防止は重要?

  • 収納庫の転倒防止対策の画像

家具の転倒防止対策は、地震時のケガや避難障害の発生を防ぐため非常に大切です。

転倒防止器具は、取り付ける家具、条件によって変わってきますが、L型金具等で壁下地に、ネジ・ビスで固定する方法が効果の高い方法です。

この方法以外にも、粘着マット式、ポール式など、市販でも手に入る耐震グッズなどと一緒に使用すると尚、良いと言われています。

大型地震が起きる前に転倒防止対策をしておきましょう。(2020.3.3コラム)

オフィス内の快適な環境は仕事に影響する?

  • オフィスチェアの画像

デスクワークといえば「長時間椅子に座って作業を行うもの」多くの人はそう思うでしょう。
しかし、そんな状態では腰や首、肩などに負担を与えてしまい、クリエイティブな仕事にもなかなか結びつかないのではないでしょうか。
だからこそ、毎日椅子に座り仕事をする人にとって、オフィスチェアはとても重要といえるオフィス家具なのです。

オフィスチェアといってもたくさんの種類があります。(リクライニング機能や肘置き・張地の仕様など・・・)
最近では体の動きに合わせて座面が360度自由に揺れることで、座りながらでも体の動きを取り入れることができる新しいタイプのオフィスチェアも登場しています。
メーカーによってはショールームで座って体感することができます。

また機能面だけでなく、価格・デザイン重視で選ばれる方もいらっしゃるでしょう。

ひとり、ひとりに合ったチェアを選べば身体への負担が軽減し、より快適なオフィス空間づくりへと繋がります。
当社はそのような「働きやすい環境、快適なオフィス環境」を創ることを心掛けております。(2020.2.17コラム)

火災対策の救世主?!(無配線煙感知器連動排煙装置)

  • 排煙装置の画像

ビル火災になったとき、排煙がとても大事な作業になります。
しかし、火災になった場合、冷静に窓を開ける作業をできるのか?夜中に火災が起きた場合はどうするのか?
そんな問題が今までありましたが、取引メーカー(株式会社豊和)より「無配線煙感知器連動排煙装置」という装置がまもなく開発販売されます。

この装置は、ビルに取り付けてある排煙装置を「誰がボタンを押しに行くのか?」というところに着目し、パナソニックの煙感知器と連動して排煙装置のボタンを解除してくれる装置です。 火災を未然に防げくことが出来れば・・・そのような思いが実現するかもしれないこの装置が発売されましたらご案内いたします。
ご興味がある方はお問い合わせください。

オフィス家具のことだけではなく、幅広い知識とメーカーとの繋がりであらゆるソリューション型のご提案をさせて頂きます。(2020.2.3コラム)

オフィス空間で大切なポイントは?

  • オフィス空間の画像

働き方改革・生産性の向上への取組みとして、オフィス環境(オフィス空間)が着目されています。
働く人の業務内容はそれぞれ異なり、決まった場所や机で働くのではなく、その人の業務に合わせて場所や机などが選べるオフィスを提供することが大切です。
例えば、集中して資料作成をしたいとき(周りが気になるとき)は、個室や視線が遮られる集中ブースなどオフィス環境が整っているだけで、生産性の向上が期待できます。又、リラックスした気分でグループミーティングをする時などはファミリーレストランのようなゆったりとしたソファー席やちょうどいい空間がアイデアを生む環境づくりになります。さらには、カフェコーナーを設置したり、複合機を集約して人が集まりやすい仕掛けも、オフィスの環境作りには大切なポイントになります。オフィス空間を改善することによるメリットは大きいことに気づいていただけるはずです。 (2020.1.30コラム)

ページトップ